ホワイトチアシードで美と健康を手に入れちゃう?

ホワイトチアシードはブラックチアシードの中に入っている栄養価
の高い白い種のみを選別して品種改良して作った品種です。同じ
チアシードでもホワイトシードの方が殻が柔らかくて膨張率が高く、
消化吸収に優れています。

 

この白い種には栄養がたっぷり含まれています。(約12グラム)
食物繊維(ごぼうの2倍)おなかの動きをスムーズにします。
オメガ脂肪酸(サーモンの3.6倍)脳に大切な栄養素。
鉄分(プルーンの9倍)体のだるさを解消。
たんぱく質(ソラマメの4倍)体を作る重要な栄養素。
カルシウム(しらす干しの2.5倍)歯や骨の構成原料。
マグネシウム(アーモンドの13倍)酵素の働きをサポート。

 

これらの中でも特に注目されているのがオメガ3脂肪酸です。推奨
されている1日の摂取量は男性で2.1〜2.4g、女性1.8〜
2.1g(上限なし)です。大さじ1杯に2.48gものオメガ脂肪酸
が含まれています。これだけで摂取目標値を軽くクリアできてしまう
含有量なのです。オメガ3脂肪酸とは別名αリノレン酸は体内で合成
できない必須脂肪酸のひとつです。エゴマ油や青魚(イワシ・サバ)
に多く含まれています。しかし食生活が欧米化していることでこの
オメガ3が不足しているので意識して取り入れる必要があります。

 

食物繊維も豊富で水分を吸収します。ブラックチアシードが約8倍
膨らむのに対してホワイトチアシードは約10倍まで膨張します。
腹持ちがいいのでダイエットにも最適です。

 

ホワイトチアシードの効果的な食べ方はコレ!

チアシードとはメキシコなど中南米で栽培されている果実の種を指
します。シソ科サルビア属ミントの一種として知られています。
生きる源、栄養源として重宝され、食されてきた栄養価の高い強い
種と称されたチアシードなのです。

 

このチアシードには食物繊維やオメガ3脂肪酸、鉄分、カルシウム、
マグネシウムが含まれています。18種類のアミノ酸も含まれていて
まさに栄養の宝庫です。また大さじ1杯で日本人男性・女性が1日に
必要な栄養素がすべて摂取できてしまいます。

 

栄養価が高い上、少量でも満腹感が得られるので注目されているチア
シード。美を追求するモデルや女優に限らず一般家庭でも美容と健康
維持に利用されています。ホワイトチアシードは見た目はごまのよう
でほぼ無味無臭。そのためいろんな料理に混ぜて使うことができます。
水分を吸収して10倍以上に膨れ上がり、プチプチ食感になります。
ヨーグルトやデザート、ジュースにいれるなどして新しい食感を楽しむ
ことができるでしょう。シリアルに混ぜたり、マフィンやパンなどに
入れて焼くなどチアシードを楽しむ方法はたくさんありますので自分
なりにアレンジしてみるのがいいでしょう。いま話題のスムージーに
入れて楽しんでみるととても腹持ちもよく、健康的なダイエットに役
立つでしょう。スプーン1杯いれるだけでいいのでとても簡単で継続
しやすいのも特徴です。ただし食物繊維が豊富なため大量摂取でおなか
が緩くなることがありますので食べすぎには注意しましょう。子供や
妊娠中の方は避けた方がいいとされています。